2015年9月9日水曜日

Tonight Is What It Means to be Young - Streets of Fire





随分昔に観に行った映画。

当時、ヤングアダルトというジャンルが出てきはじめの頃だったかと思う。

映画アウトサイダー、ランブルフィッシュしかり。

不良・バイク・クルマ・革ジャン・煙草 今では古くさくて敬遠されてしまうものたちが第一線だったころの映画。

この「ストリートオブファイヤー」と言う映画、内容はとっても薄っぺらい。

でも、逆に言えば分かり易い。

ヒロインであるダイアンレインの美しさも良い。



圧巻は最後の「Tonight Is What It Means to be Young」のライブシーン。

この7分間のMusicVideoを堪能するために作られた映画だと言っても過言ではない。

特に、メンバーがライトを逆光にしてシルエットに映るシーンだけと言っても良いかもしれない。

若い奴らには分からないかも知れないけど、僕にとっては「何が格好いいのか?」に応えてくれた秀作だと思う。

0 件のコメント: