2014年11月29日土曜日

IIJMio 音声機能付きSimをソフトバンクiPhone5で使用その2

前のBlogでIIJmioのSimをiPhone5で使用できることはお伝えしましたが、その工程を記したいと思います。

MNPを前提で書きますのでよろしくお願いいたします。
家族なり友人でソフトバンクのnano-Sim仕様のアンドロイドなりiPhoneを用意する必要があります。つまりアクティベート用のSimga必要です。

大事を取ってiOS8.1にて初期化(復元)してからです。
今現在iOS8.1.1にアップデートしていますので、普通にiOS8.1は入手出来ません。
しかしながらWeb上には過去iOSを配布しているところがありまして、そちらから入手します。
例えばこんな所のこれ ちなみにこちらのiOSはiPhone5用の8.1です。
iOS8.1.1にしてしまった方はダウングレード出来ませんのでご了承ください。
iOS8.1.1でもIIJMioは認識すると言う報告はあります。

ダウンロードしたらiTunesにてiPhone5を繋ぎます。
概要の所、iPhoneを復元ボタンをMacのoptionキーを押しながらクリックします。
で先ほどダウンロードしたiOS8.1(iPhone5,2_8.1_12B411_Restore.ipsw)を選択、そして復元。

復元が終わったら[新しいiPhone]として登録してください。
バックアップしてあったモノから復元するとIIJMioのSimのアクティベーションが出来なくなってしまいました。めんどくさいですがAppleIDで紐付けされますので、Appなどは後からインストール(同期)すれば良いので素直に新しいiPhoneとしてiTunesに繋げましょう。

さて次からはiPhone5上での作業になります。
1.モバイルデータ通信をOFFにしましょう。
但しWifiだけは掴んでおいてください。
 2.メッセージ>iMessageもOFFにしましょう。
 2.FaceTimeもOFFにしましょう。
3.ピンでSimを押し出しましょう。

4.R-Sim7+の基板とiPhone5用のトレイです。
その上にIIJmioのSimをトレイに乗せます。
向きと表裏に気をつけてください。Docomoのロゴがある方が表面です。
6.SimトレイとIIJMioをSim挿入口に慎重に差し込みます。
Simを認識します。しない場合は取り出して今一度差し込んでみてください。

7.写真の様な画面になりますのでModeを選びます。
MODE2 FOR iPhone5を選択。

その後、再起動を促されますので、iPhone5を再起動してください。
まだiTunesとは接続しないように。

DoCoMoの電波を掴みます。(所要時間30秒〜1分)
おめでとうございます。

後はSMSだのLineだのモバイルデータ通信だのをONにすればOKです。
ただ最初の20分くらいは3G回線で使用してみてください。
安定してきたらLTEをONで運用が可能かと思います。

その後、iCloudsにて登録メアドとPassを打ち込み、同期すればアドレスデータなど読み込みiPhone5がIIJMioにて使用可能という事になります。

さて肝心のR-Simですがこちらが成功したものです。






0 件のコメント: