2009年3月9日月曜日

Opus III - Mind Fruit


1992年~1994年にたった2枚のアルバムを残して解散したOpus IIIの1stアルバム。
キングクリムゾンの「It's a fine day」をフィーチャーしたエレクトリカの走りですね。
先日CD棚を整理していたらたまたま出てきた訳なんですが、聞いたらびっくりですよ。
「こりゃ、今でも全然通用するじゃん!」ってね。
92年と言えばHard Core Techno全盛期で、L.A. Styleの「James Brown is Dead」とかズンドコズンドコそこらのホールで掛かっていたような思い出があります。
そんな攻撃的なテクノとは一線を期して居たわけで、ボーカルのカースティの透明感ある声と心地よいリズムが、Opus III 独自の浮遊感を演出します。
透明感のあるウィスパーボイスと言うともう一人、米国ドラマ「TWIN Peaks」で出演していたジュリークルーズの声もLinkしますね。
こうして今夜も癒しを求めて彷徨い続けるのです。

0 件のコメント: