2008年7月15日火曜日

声は好きです


ワムとして世界的なアイドルとして活躍していたジョージマイケル。ケアレスウィスパーとかラストクリスマスとかバラード系を歌うとき彼の声は真価を発揮します。僕は音楽好きですけど評論家ではないので詳しくは書けませんが、彼の声は「主張」しているんですね。古いjazzのスタンダードナンバーを集めたソングス・フロム・ザ・ラスト・センチュリーというアルバム。
ミーハーだったワムとは変わったしっとりとしたナンバーを主張する声で楽しんで歌っているような感じです。
プライベートでは色々騒がれているジョージマイケルですが、声は好きな男性ボーカリストです。

George Michael - Songs from the Last Century

0 件のコメント: