2007年10月22日月曜日

SuperCar Forever




1980年代のスーパーカーブームまっただ中に思春期を過ごした僕としてはランボルギーニ・カウンタックやミウラ、イオタは夢のクルマでした。都内で生活をすると時々夢のクルマに出会う機会があります。それだけ、お金持ちが多いのか成功して居る人が多いのか?分かりませんが兎に角、実家の方よりスーパーカーをお目にかかるチャンスが多いです。まあ、小市民デザイナーの僕としてはランボルギーニを購入するには余程のことをしでかさなくては買うことはできません。しかしながら、少しでも夢のクルマを追い求め続けられたら・・・なんて思っています。
Car Sensor Net

0 件のコメント: